キーワード教員検索
更新情報
分野紹介
担当教員紹介
カリキュラム
入試情報
修了後の進路
Q&A
連絡先
リンク
名古屋工業大学
カリキュラム
有機分野
無機分野
プロセス分野
物性分野
生命機能分野
特別講義
共通科目・専門共通
共通科目・一般共通
専攻共通
大学院共通
共通科目のカリキュラム
■授業科目名
■担当教員
■単位数
■開講時期
工学倫理特論
藤本 温
2
1後
授業概要
工学を身につけた技術者には工学技術を持つがゆえに特別に持たねばならない倫理的責任がある。本授業では、工学技術者がいかに技術を運用すべきかを、地球自然環境や人類の福利といった大きな視点で考える力を養うとともに、工学技術に関わる数々の事故や失敗の具体的なケース・スタディを通して、工学技術の直面するさまざまな問題解決のための判断能力を育成することをめざしている。
■授業科目名
■担当教員
■単位数
■開講時期
環境生態学特論
小田 亮,増田理子
2
1前
授業概要
"環境問題は、いまや人類にとって最大の課題となっています。ひとくちに環境問題といっても、そこには政治・経済や自然科学といったさまざまな要因がかかわっているのです。この講義では、主に自然環境を生態学、人類学の視点からとらえ、生物を中心とした自然界の物質循環と情報の流れについて眺めていきます。
 わたしたちヒトもまた生物の一種ですが、多様な生物種のなかにおいてかなり特殊な位置を占めています。この種としての特殊性を理解することなしには、今日の環境問題を理解することはできません。ヒトがその起源から自然環境と相互作用しつつどのように進化してきたのか、そしてその結果生態系をどのように変化させていったのかということをふまえて、これからの科学技術と社会のあり方を考えていきます。 "
■授業科目名
■担当教員
■単位数
■開講時期
リーダーシップ特論
非常勤講師
2
1前
授業概要
−−−−−未定−−−−−
■授業科目名
■担当教員
■単位数
■開講時期
国際経済特論
非常勤講師
2
1前
授業概要
工学系大学院修了者が製造業に職を得て企業活動を始めると,企業経営が国際的になっていることもあって,単に工学の技術だけの研鑽で世を渡って行けるとは限らず,経営としての観点が職務に加味されるのは必定である.製造業の利益はわずか数パーセントであるのに対して,通貨,為替の変動幅はその十倍以上にもなる.少しの通貨価値の変動でも製造業の利益は容易に吹き飛ぶ.そうしたリスクにどのように対応していくのかというようなことについて,工学系企業人も基本的な原理原則を弁えている必要があろう.この講義はそのような視点から,経済,金融における基本概念を賦与し,実務ではどのような状況が展開されているのかを知る機会を在学中に与えようとするものである.
■授業科目名
■担当教員
■単位数
■開講時期
国際関係特論
鯉沼葉子,有為楠 泉
2
1後
授業概要
グローバルあるいは地域的な摩擦・紛争の解決のために必要な相互的かつ多元的な協力関係構築の理論と方法を検討する。モノやカネをめぐる国際経済摩擦,安全保障,環境保護,国境を越えたヒトの移動,情報や技術の伝播等の問題を,グローバル・コミュニティの出現を視野に入れて講義する。
■授業科目名
■担当教員
■単位数
■開講時期
技術移転論
小竹暢隆
2
1前
授業概要
技術移転は、途上国への移転という意味でも使われているが、一般的には技術の普及・伝播を意味する。大学に関連した場合は、研究成果の設計・開発への実装、製品化、商品化を意味する。本講義では、プロパテント政策をはじめ、TLO、インキュベータ、ベンチャー・キャピタル等、技術移転に関わる事例を多様な視点で検討するとともに、企業間競争における特許戦略など具体的な技術移転の展開について、最終段階でのプレゼンテーションにより全員で議論する。